2006年04月15日

見ているもの

また続きですが、違う切り口で。

前も書きましたが、人には「見えているもの」と「見えていないもの」があります。
それから、「同じ世界を生きている人はいない」とも書きましたが、物理的に存在しているものは1つしかありません。みんな、同じ宇宙・地球の上で生活しています。
その「みんなが生活している世界」は、多くは「見えていないもの」から構成されていることになります。
なぜなら、自分ひとりでは経験できることが限られているからです。一生本を読み続けても、いままでに刊行された本・これから刊行される本の全てを読むことはできないのです。
そういう意味で「見えていないもの」で「みんなが生活している世界」は構成されているのですが、別の意味でも「見えていないもの」で構成されています。
それは、自分が見える範囲にいても見えないもの、です。
真っ先に思いつくのは空気でしょう。

空気は無味無臭の気体です。
普段生活しているときにその存在を意識することは多くありません。
無味無臭の気体はどんなものであっても、意識されることは少ないと言うことです。
そのような気体で言うと、いろいろな気体があります。サリンガス・自動車の排気ガス・アスベスト粉塵。
空気そのものの温度が上がっても、温暖化という自然に多大なる影響を与える現象となってしまいます。

液体に関しても、毒薬や薬剤が入っているかどうかは見た目ではわかりません。
透明の点滴を使用するときも、溶けている物質が違えば大事です。
酸性雨もそうです。phが少し酸性よりになるだけで、生態系には大きく影響します。
紫外線も宇宙線も同じです。

このように、見えないものの影響は気づくのに時間がかかったり、あるいは気づく方法が難しかったりするため、影響が大きくなると言えます。

見えないもの、環境に影響するもの以外にもまだあります。

音です。

音楽は人のこころを癒してくれます。
音楽が鳴る前と鳴った後で形が大きく変わるものはありません。

音楽だけでなく、人は言葉で会話をします。
メールや手紙、書類であれば、渡したかどうか、読んだかどうかなどは記録すれば、証明することができます。
しかし、言葉はそうはいきません。

言った言わない・聞いた聞いていないの水掛け論に発展することがあります。

証拠や記録を残す、というのは、それ自身の意味でも大事なことです。が、「見えないもの」に注意するという観点からも、大事にしなければならないことなのではないかなと思います。

本を読むとき、しばしば「行間を読め」と言われますが、もっともなことだと思います。

みなさんも「見えるもの」ばかりにとらわれず、「見えないもの」により注意を払う意識をもってはいかがでしょうか。
posted by replicants at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。