2009年02月05日

バブルと適正価格?

今回の不景気は
・サブプライムローンのこげつき
・リーマンなどの破綻
・原油価格の低下
・中国特需の減退
などが絡み合って同時に発生しているのが原因の1つと言えると思います。
これらはそれぞれ
・住宅価格
・金融商品
・原油価格
が適正価格ではなく、どんどん価格が上がっていきバブルの状態になっていました。
それが崩壊し適正価格に戻り始めたため、ネガティブスパイラルに入ったと言えると思います。

さて、ここまでの話は巷で言われているようなことです。
しかし、実際、バブルってなんでしょう。適正価格ってなんでしょう。
よく適正価格ではないこと、高かったらインフレ、安かったらデフレと言います。
では、適正価格ってどうやって決まるんでしょう。誰かが決めているの?
もちろん、誰かが決めているものではなく、市場に出て決まるものでしょう。

実際には消費者物価指数など何らかの基準はいくつかありますが、個人的には大きな意味はないと思います。
過去と比べることに何の意味があるのでしょうか。
国としてどの産業をどれだけ伸ばすのか、それとも現状維持なのか、縮小させるのか、それによってその数値がもつ意味が変わりますし、
需要と供給のバランスによっても変わるからです。

閑話休題。適正価格の話に戻りましょう。
ざっくり言うと、ものの価格というのは欲しい人がこのくらいまでなら払いましょう、このくらいなら買いません、
という需要する側の心理と、供給側のコストによって、絶妙なバランスの上で決まっていると思います。

現在、日本ではユニクロやマクドナルドが元気です。
AppleもiPod, MacBookが相変わらず好調です。
不景気だと言っても、高いお金を出して買う人はおり、売れているものはあるわけです。
売れているものは多少値段を上げても売れます。
売れる量は減るかもしれませんが、一気にゼロになることはないでしょう。
値段はテキトーだということです。生き物だということです。

ここまで書いてきましたが、言いたいことは、価格は誰かが絶対的に決めているものではなく、相対的なものであること。
バブル状態になって、崩壊したら経済危機が発生してしまうのなら、
最初からバブル状態をつくらなければいいんじゃない、
ということを言う人がいるかもしれませんが、価格は生き物です。
欲しい人が殺到すれば価格は上がります。
ですので、今後もバブルを避けることはできないでしょう。
(バブルが発生しやすい、あるいはそれを誘発するような金融商品を禁止すればある程度の抑止にはなると思います。)

では、どうすればいいのか。
アンテナを張り巡らし、いち早く次のバブルに乗って蓄えをつくることです。
バブルに乗る、というと聞こえが悪いかもしれませんが、儲けられるときに儲けておけということです。
普通の商売と同じですね。

いまはネガティブスパイラルに入ってしまって消費が冷え込んでいますが、景気を回復させるには消費行動が必要です。
そのうち、いつか何かが流行ったり、どこかの国で特需が発生したりすることによって、世界の景気は回復していくでしょう。
ちょっと前で言うとBRICsやVISTAなどがありましたね。

さて、少し身近な話をしますが、経済が活発化すると給料が増えるのは周知のことと思います。
しかし、いまは消費が冷え込んでおり、経済が活発ではありません。
このせいで給料は減らされます。
給料を増やすためには、日本経済を活発化させることが必要です。
日本経済を活発化させるには内需拡大が必要です。
つまりは、日本の会社の製品・サービスを購入することにより、経済が活発化し、給料が増えるということです。
ネガティブスパイラルはみんなの消費行動で断ち切れます。
こんなときこそ、色々買いましょう!国内の製品を。
posted by replicants at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。